首美人の購入なら:口コミ・体験談:首もと用ケアクリーム

首美人の購入なら:口コミ・体験談:首もと用ケアクリーム

首美人

こんな悩みを抱えていませんか?
イボの悩み

  • 病院治療は怖い
  • ケアしても治らない
  • いつのまにかできていた
  • どんどん増えていく
  • イボが目立って恥ずかしい
  • イボのせいで老けて見える

首美人とは?

角質を取り成分配合の首もと用ケアクリーム首美人

  • 角質までしっかり浸透
    老化や日々の紫外線などが原因で弱まってしまった肌もしっかりケアすることで美肌成分が角質へと浸透し肌に弾力を与えます。
  • 肌のバリア機能を育てる
    日常でのケアが大切。首回りは刺激をしない服を選び下着は締め付けのきつくないものを選びましょう。
    また紫外線によるダメージに対応できる強い肌環境を育成することが大切です。
  • 硬い角質を柔らかくに
    首美人による保湿は顔や首だけでなく胸元の開いた服を着ているときはデコルテまでしっかりと行いましょう。
    皮膚が潤って柔らかな状態を保っていると服や下着による摩擦が軽減し首イボができなくなります。

首美人とは

首美人の口コミ

親が40歳くらいの時は私は大学生でしたが、色白できれいな肌なのに首のぽつぽつしたイボが子どもながらに気になっていました。
ターンオーバーの乱れからくるものと、自身はきちんと保湿と紫外線対策に日焼け止めを首までしっかり塗り、強くこすらないことを守れば親のようにならないとの自信がありましたが、30歳頃から同じように首にイボが出来てしまいました。
首美人は自身の行き届かなかった手入れもカバーしてくれるので、以前のように化粧水乳液などと塗らなくてもこの一本で首のケアが済みます。
あまり触らないことも大切で、少しずつですが小さなイボは減ってきています。
首イボが気になっていましたが、医師に相談する勇気がなかったころに「首美人」に出会いました。
使用感としては保湿ケアのできるハトムギ種子エキスが入っているためしっとりしています。
ベタつくものは苦手なので新しいものに変更するのは億劫でしたが、サラッとした使い心地のため気に入っています。
ダマスクローズの優しい香りがするほか、ボトルタイプなので使いやすいです。いぼケアを考えている方におすすめしたい商品です。
うっかり首部分を日焼けしてしまい、赤くなったところが落ち着いてきたら乾燥してポツポツが目立つようになりました。
このまま残ってしまったら大変だと慌てて首美人を使い始めたのですが、これが非常に合っていたようで、どんどん状態が回復しています。
角質が硬くなって化粧品をつけても上手く浸透していないような感じがありましたが、首美人を使い始めてからはスーッとなじむようになっています。
ポツポツも少しずつ小さくなっていますので、しばらくケアを続けるつもりです。
首に急にできたポツポツが気になっていました。
違和感があり見た目も悪いですが、病院で治療を受けるのには抵抗があります。そこで使い始めたのが首美人です。
毎日顔や首に塗り込んでいく事で肌がしっかり保湿され、だんだん古い角質が柔らかくなっていきました。
精油がブレンドされているおかげで香りもよく、ケアするのが癒しの時間となっていったと思います。
首イボはすぐに消えた訳ではありませんが、少しずつ小さくなっていき、今は完全に見えなくなりました。
病院へ行かずとも解決出来て良かったです。
今後も予防のために使い続ける予定です。

首美人の口コミ
公式サイトはこちら

首美人 ダマスクローズ精油

ダマスクローズ精油を使用した心安らぐ芳醇な香り
首美人はかおりにもこだわり、高級品である天然ダマスクローズ精油と柑橘系のスイートオレンジ油をブレンド。
フローラル系のエッセンシャルオイルのダマスクバラ花油と柑橘系の香りスイートオレンジ油の組み合わせは抜群芳醇な香りをご堪能いただけます。
首美人 ダマスクローズ精油
ダマスクローズとは?
バラは世界に2万種以上あると言われています。
中でもダマスクローズは薔薇の女王として古くから人々に愛されてきました。
数あるバラの中でも最も香りが良いとされていることからダマスクローズは薔薇の女王と言われています。
あのクレオパトラもダマスクローズが大好きでお風呂に入りベッドの周りにたくさんダマスクローズを敷き詰めて香りを楽しんだと言われています。

首もと用ケアクリーム:首美人

手入れに欠かせない7つの有効成分

  • アンズ核油
    アプリコットの種子を低温圧搾して得られたオイルです。
    さらさらとしたテクスチャーでオレイン酸、リノール酸 ビタミンA、ビタミンB,ビタミンEを含む無色の液体。
    エモリエント効果が高く、スキンオイルやマッサージオイルなどに使われています。
  • 加水分解ハトムギ種子
    加水分解処理したハトムギ種子から得られたエキス。
    抗酸化力に優れておりスキンコンディショニング成分として、スキンケアやヘアケア、ボディケアなどで使用されている。
  • リンゴ果実培養細胞エキス
    スイスの腐らないリンゴ・「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞を培養したエキスで、世界にたった20本しかないリンゴの木から活性成分を培養しているので、入手困難でとても貴重な成分。
    「腐らない=老化しない」ということから、アンチエイジング物質として今、最も注目が集まっています。
  • 加水分解ヒアルロン酸
    粒子が小さく、肌の内側まで浸透することから、奥のコラーゲンの水分不足を解消します。
    それは単なる保湿効果だけではなく、コラーゲンが元気になる結果をもたらします。よって、肌の弾力がよみがえり、しわも改善されます。
  • かいこまゆエキス
    シルク由来の理想的な保湿成分。
    つらい水仕事が多い絹糸工場の女工さんの手がつるつるで白く美しいのはなぜ?という疑問から発見された成分です。
    カイコのまゆを紫外線などから守る役割のある成分ですが、化粧水成分としてのセリシンは肌の上で薄い膜を作り皮膚を保護してくれます。
    自然界に存在する物質の中で、人間の皮膚の保湿成分NMFに組成が最も似ているといわれるタンパク質です。
    水分の保持能力はコラーゲンを上回ります。
  • サンショウ果皮エキス
    薬味としては古くから利用されており、ミカン科サンショウ属に分類される落葉低木。
  • 生姜根エキス
    ショウガ科植物ショウガ(生姜)の根茎から抽出したエキスで、成分としてはジンギベロール、カフェインなどの精油を多く含んでいます。 血液の循環を促し肌の新陳代謝を活性化し、保湿効果に優れ抗酸化作用をもたらします。

首もと用ケアクリーム:首美人

さらに効果的ケアを実現するためにこだわり成分がたっぷり

  • ツバキ油
    椿油に含まれるサポニンという成分には、抗菌作用やお肌の炎症を抑えてくれる働きがあります。ニキビ予防にもつながります。
  • キハダ樹皮エキス
    消炎作用・収れん作用・抗菌作用があり、肌の引き締め効果があります。
    肌を清潔に保ち、肌荒れ防止効果もあります。
  • グリチルリチン酸2K
    グリチルリチン酸は、マメ科の植物甘草(カンゾウ)から抽出される成分で、炎症を抑える作用があります。
  • アスコルビン酸
    ストレスなどによって発生した活性酸素によるダメージを、アスコルビン酸が身代わりに酸化され、肌を守ってくれています。
  • ナス果実エキス
    特有の紫色は、ナス特有のポリフェロールである「ナスニン」を中心とするアントシアニン(植物界に存在する色素)によるものです。お肌にみずみずしい潤いとハリを与えてくれます。
  • サクシノイルアテロコラーゲン
    保水性を高める効果のためだけのコラーゲンとは違い、皮膚の中に浸透することでコラーゲンを補給し、肌の内側から綺麗を保ってくれる効果があるコラーゲンなのです。
  • ソメイヨシノ葉エキス
    薄紅の桜ソメイヨシノの葉から抽出したエキスです。
    シミやくすみの原因といわれているメラニンの生成を抑える美白効果・保湿作用・抗炎症作用・肌荒防止作用があるといわれています。
  • オウゴン根エキス
    オウゴンエキスには紫外線吸収効果のあるフラボノイドが含まれているので、シミなどの原因となる活性酸素を消す効果があると言われています。
    紫外線吸収効果以外にも、抗炎症効果はニキビの予防になりますし、収れん効果もあるので、毛穴の引き締めに有効です。
  • イタドリ根エキス
    抗酸化・抗炎症・免疫調節作用が同時に得られる多機能なエキスなので、多種多様な皮膚病を改善するオーガニック化粧品の主成分として有効とされています。
  • チャ葉エキス
    茶カテキンやカフェイン、タンニン、ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸などを含み、抗酸化作用や収斂作用、美白作用、殺菌作用、消臭効果、抗炎症作用、デオドラント効果がある。
  • カンゾウ根エキス
    甘草の歴史は非常に古く、古来より健康に有用な植物として、使用されてきました。
    化粧品においては、肌のバリア機能を高めると言われています。
  • ローズマリー葉エキス
    ローズマリーは化粧品としても肌の毛穴を引き締める効果があります。
    収れん作用で毛穴をひきしめ炎症を抑えてくれます。特に、脂性肌の方のケアに向いているといわれています。
  • カミツレ花エキス
    カミツレは保湿、消炎、結構促進などの効果も言われていますが、なんといってもシミ、そばかすの色素沈着を抑える効果があると言われ、美容業界では広く利用されています。
  • ツボクサエキス
    ボクサエキスのもつ抗酸化作用によって肌のクスミやシミを撃退する効果が期待できるので、美白ケアを心がけたい人には高い美白効果が期待できます。
  • グリセリン
    グリセリンの効果は保湿になります。
    特に肌にトラブルをお持ちの方は天然成分のグリセリンを使った化粧水などは肌に刺激を与えずに保湿をしてくれ、肌を柔らかくしてくれるグリセリンはとても効果的にも期待できる成分です。
  • ホホバ種子油
    ホホバの種子からとれる油です。
    砂漠地帯で2年以上も水なしで生息するホホバは、”砂漠の奇跡”とも呼ばれています。
    人の角質層に保湿と潤いを与え、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンEなども含まれています。

【配合成分】水、BG、ペンチレングリコール、加水分解ヒアルロン酸、リンゴ果実培養細胞エキス、アンズ核油、ツバキ油、ホホバ種子油、ダマスクバラ花油、サクシノイルアテロコラーゲン、スイートオレンジ油、オウゴン根エキス、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、カンゾウ根エキス、ショウガ根エキス、ローズマリー葉エキス、サンショウ果皮エキス、ナス果実エキス、ソメイヨシノ葉エキス、カイコまゆエキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、キハダ樹皮エキス、加水分解ハトムギ種子エキス、グリセリン、レシチン、アルギニン、トリエチルヘキサノイン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、グリチルリチン酸2K、アスコルビン酸、デヒドロ酢酸Na、イソステアリン酸PEG-30グリセリル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、エタノール、ジメチコン、ホウケイ酸(Ca/Na)、キサンタンガム、シアノコバラミン、トコフェロール、リン酸K、リン酸2Na、酸化銀、塩化K、PEG-10ジメチコン、フェノキシエタノール

首イボができる原因

紫外線などによる肌への刺激?
首イボができる原因
意外と見逃しやすいのが首の肌への刺激。
紫外線は体に必要な光である一方で、過剰に浴びると皮膚組織が破壊してしまう力も持っています。
体の皮膚の中で首周りの皮膚は特に薄く夏の日差しですぐに赤く熱を帯びてしまう経験は誰にでもあると思います。
それも軽い炎症を起こしているので、皮膚の老化を招き首イボを作る原因に発展します。

首イボ解決策とは

首イボ解決策
毎日のお手入れが大切

  • 保湿ケアで潤いを
    皮膚が老化してしまうことによって含有水分量が減ってしまいます。
    保湿を毎日必ず行うようにすることでイボを未然に防ぐことができるとともにできてしまったイボを悪化させない対処として一番重要です。
  • 硬い角質を柔らかく
    肌を乾燥した状態にせず、クリーム等を使ってケアすることで皮膚の角質を柔らかくしていきます。
  • 日焼け対策
    目には見えない紫外線も肌は強力な刺激です。
    少しの距離でもすっぴんで出歩かず紫外線除去成分を配合したクリームなどで対策。

日々継続してお手入れを行うことで肌を健やかに整えターンオーバーの促進を進めます。

ターンオーバーの仕組み

首イボとターンオーバーの関連性
肌のターンオーバーとは分かりやすく言うと表皮が新陳代謝している様子を表したものです。
表皮細胞が日々誕生し、代謝活動をしながら押し上げていきやがて、ぺちゃんこの平べったい角質として完成、身体を守るバリアとして働きやがて垢となって剥がれ落ちていきます。
このようなターンオーバーの仕組みのもと肌はいつも健康で強くて美しい状態を保とうと努力しています。
ターンオーバーのサイクルは28日周期ぐらいがちょうどいいと言われています。
表皮細胞が誕生し垢となって剥がれるまでの標準的な日数のことです。
そして水分をしっかり含む、しなやかで強くて美しい角質がバリアーとして肌を飾り守り続けることが健やかな肌の状態と言います。
ターンオーバーの仕組み

首イボを悪化されるケアとは?

化粧をちゃんとしているのに首イボが治らない

  • 間違った商品の使用
    自身の肌質や状態を上手く把握せず間違った商品を使用することにより肌本来の力を損なうことにもなりますそのイメージが加わって首イボを促進させます。
  • 日焼け対策が甘い
    首イボの原因の一つが紫外線によるダメージとも言われているように少しの外出時や真夏以外の紫外線対策も怠ってはいけません。
    極力、肌のダメージを受けないようにし肌のバリア機能を高めましょう。
  • 過激にイボを触る
    手で過剰にイボを触ることでイボに摩擦の力が加わります。
    またイボに触れるネックレスなどのアクセサリー類は身につけないようにし常に清潔な肌を心がけることが大切です。

首イボについて調べてわかったことはそれいす用の化粧品ではなく首イボ 娘の製品を塗ることです
中高年になると出来始める痛症首イボとは大きく分けて2種類の原因があると言われていますか例によるものと紫外線による肌へのダメージです年齢を重ねるとともに代謝が衰えるので老廃物が体内に蓄積されやすくなりますまた紫外線に対する肌のバリア機能も年々衰えて行きます何も首イボが発生するはっきりとした原因はわかっていませんが良性であるからといってこのまま放置しておくと小さなイボがどんどん増えていく可能性もあります

このままでは悪化する一方1日も早く首イボのケア予防を始めることが大切です

首イボをほっとくと、首イボへの悩みによって楽しい毎日幸せな未来がどんどん失われてしまいます。
楽しい三十代・四十代やその後の第二の人生が首イボによって暗く悩ましいものになるかどうかはあなた次第です。

▲ページトップに戻る