イボを自分で治すには?病院に行った方が良い場合

イボは大まかに分けて2つ

リフォーム前のポイント

 

顔や首元に出来る場合もありますが、皮膚から浮き出ていて、その大きさもパール大程の大きさ物もや、砂粒程の小さな物まで様々です。

 

出来ている場所は大きさによっては、自信の印象を変えることもあるので、気になる場合は取ってしまいたいと考える方も多いのですが、間違った方法で治療をしてしまうと、治るのに時間が掛かることもありますから、症状に合わせて対処していきましょう。

 

出来てしまう原因は外部摩擦やストレス、老化によるものや、ウイルス、細胞の変化によって出来ることもあります。
中には悪性のものもあるので、注意が必要です。

 

 

病院治療が必要なイボ

 

ウイルス性のイボや悪性のイボの場合は病院での治療が必要となり、その治療方法は、イボが出来ている場所や大きさ、そして原因にもよりますが、液体窒素を用いた冷凍凝固治療法や、電気焼灼法、グルタルアルデヒドの外用療法、ヨクイニン内服療法を用いて治していきますが、どの方法がどう効くのかは人それぞれなので、根気よく治療を続けることが大切です。

 

自宅で治せるイボ

 

紫外線や衣服などの摩擦、或いは身心のストレスによって引き起こされる体内環境の酸化によって出来てしまったイボの場合、新陳代謝を上げることによって、自宅で治すことが可能です。

 

見た目としても比較的小さなことが多く、得に首回りなどの出来やすいのが特徴になります。
この場合はわざわざ病院にいかなくても、新陳代謝を上げる為に運動したり、サプリメントの摂取によって皮膚のターンオーバーをしっかりと行うことによって、時間は掛かりますが、綺麗になります。

 

老人性イボ

 

年齢を重ねることによって出来てしまうイボです。

 

老人性イボは肌の代謝が衰えることによって出来ることが多く、また加齢によって皮膚自体が持っているバリア機能が弱くなることから、外部からの刺激にも過敏に反応するようになっており、ちょっとした刺激でも、シミやそばかすを作りやすい状態にあっています。

 

本来であれば、それらは体を守ろうというった本能的な物なのですが、これらの自己防衛本能によって、厄介なイボなどを作ってしまうことがあります。

 

しかし、代謝を上げるなどして、肌の生まれ変わりを助けるケアを行うことで、美しい肌を取り戻すことも、老化を遅らせることも可能ですから、しっかりとした肌ケアを行うようにしましょう。

 

いつまでも若々しい健康的な肌を保つことが出来ます。


イボ対策の肌ケア

 

自宅で治せるイボの場合、艶つや習慣を使って肌のターンオーバーと呼ばれる肌細胞の生まれ変わりを活性化させ、表面の一番古い角質を除去することによって、美しい肌を取り戻すことが出来ます。

 

艶つや習慣

 

得に、顔や首回りなどの出来てしまった、小さなイボの場合は代謝を活発にさせることによって、綺麗に出来る可能性がありますので、毎日の肌ケアにお使いになって綺麗にしていきましょう。

 

初回3,693円(税込)

 

公式サイト

 

 

首回りは非常に乾燥しやすい部分ですが、この乾燥を防ぎ、保湿してくれるので、肌がしっとりと滑らかな状態を保つことが出来ます。

 

シルキースワン

 

肌は、乾燥に弱く、また、乾燥している時のが外部からの影響を非常に受けやすいといった弱点がありますが、しっかりと保湿をすることによって、外部からの刺激を守り、肌を滑らかに保つことが出来るのです。

 

初回1,777円(税別)

 

公式サイト

 

 

気になるイボをピンポイントでケアしてくれる商品になり、気になる箇所を狙ってケアすることが出来ます。
また、イボだけでなく、加齢による肌トラブルについても綺麗にしてくれると好評です。

 

もちろん、若い方からの支持率も高く、中々治らないイボや肌トラブルを解消してくれるのに一役買ってくれます。

 

ヨクイセラモイスチャー

 

3,129円

 

 

あんずエキス

 

あんずエキスに含まれているパルミトレイン酸が肌のターンオーバーを促進させる働きを持っており、年齢を重ねることによって衰えてしまう肌代謝を助け、肌のざらつきやくすみを解消させてくれます。

 

また、肌細胞の一番外側に位置するイボも肌代謝を上げることによって解決に導いてくれる優れた美容成分になります。

 

 

ハトムギエキス

 

皮膚表面の新陳代謝を高めてくれると同時に、新しい肌細胞を作る効果が期待できるビタミンB群やナイアシンをたっぷりと含んでいます。

 

美しい肌にするには、古くなった物をどんどん捨て、そして新しい肌細胞を作る必要がありますから、ハトムギエキスに含まれている新しい肌細胞を作る働きが滑らかで美しい肌を取り戻すにの重要な役割をしてくれます。

 

ハト麦エキスには消炎効果と保湿効果もありますので、日焼けなどで火照った肌を優しく包み込んでくれます。

 

これってもしかしてイボ?

これってもしかしてイボ?

 

ふとしたときに自分の体を鏡で見ると、イボのようなポツポツを見つけてしまう時があります。
ネックレスをしてはずしたあとなど、首のところに角質粒のようなものがポツポツと目につきます。

 

 

痛みやかゆみはないポツポツ

 

ほくろとは違うしかゆみもないのであまり気にはしないようにしていますが、あまり気持ちのいいものではありません。
手の指とかにもイボのようなものができたりする体質なので、痛みやかゆみがないようなら大きな問題はないかなと感じています。

 

昔もひざにポツポツしたイボのようなものができたときは、イボころりみたいな絆創膏タイプのものを貼っていたら数日から一週間くらいで簡単に取れました。

 

 

アレルギー体質

 

アレルギー体質のひとはポツポツもできやすいみたいで、なにか食べ物にアレルギーがあったり、ネックレスや指輪やブレスレットなど金属が触れていた箇所にポツポツしたものができるひとは、金属アレルギーがあるかもしれません。

 

 

皮膚科に行ってみた

 

一度気になって皮膚科に行った時も、取りたいなら液体窒素で取ることができると言われましたが、そのときも痛みやかゆみがあったわけではないので断りました。

 

 

薬や内服薬

 

私のイボは首元にできてしまった老人性いぼ。
私と同じ体質の妹は普段はイボ用のジェルクリームでお手入れしているそうです。
薬や内服薬で簡単に治るイボもあるというのは正直ありがたいです。
さっそく使い始めましたが、WEB限定で購入できて気楽で良いです。

 

>>イボ対策おすすめ商品<<

 

 


イボができやすい身体の場所

イボができやすい身体の場所

 

イボについては、大人ができやすい、という印象をお持ちの方もおられますが、実際には小さなお子さんでも出来てしまうことがあります。

 

ニキビとイボを間違えることも

 

よく、ニキビとイボは少し似ているため、ニキビであると思っていたら違っていた、イボだったなんてことがありますが、実際に比べてみると、確かに明らかにはっきりとした違いがあることが分かります。
それでは、どのような場所にイボは出来やすく、どのような治療方法などがあるのでしょうか。

 

 

イボができやすい場所

 

まず、イボができやすい場所ですが、目元、そして胸元、首元、これらの部分にはとても出来やすい傾向があります。
ただ少し怖い話ですが、陰部近くにもできやすいという傾向があり、これは何らかのアレルギーや体質で、どうしてもできてしまう、という方がおられます。

 

 

イボの治療

 

最も安全に行いたい、このような場合には「皮膚科」でありさらに「専門医」のいる先生に診察をしてもらうことが得策です。
それほどでもない場合、なかなか病院に行くのは億劫なこともありますよね。
そういうときは家庭で簡単にイボ対策できる商品がありますので、お試しになると良いと思います。
イボに効果的なヨクイニンエキスとハトムギ種子が配合されている商品があります。

 

>>イボ対策おすすめ商品へ<<

 

 

これというのも、イボに関しては、いろいろな治療がありますが、上記のように、特に女性ならば気になる目元や胸元、首元など、このような場所はデリケートであるからです。


イボができやすい年齢

イボができやすい年齢

 

一般的にイボというとウイルスによる感染性のものと、老化や体質による非感染性のものがあります。

 

 

ウイルスによる感染性のイボ

 

ウイルスによるものは免疫の低下によって年齢に関係なく発現します。
ところが首など普段気がつきにくい場所に、次々と増え多くなってから初めて気づくというものがあります。
いわゆる首イボというもので30代以降に多く見られます。

 

 

老化や体質による非感染性のイボ

 

皮膚がダメージを受けることで老化し、細胞が過剰に増殖した結果のイボです。
良性の腫瘍であることが多く心配はありませんが、色や形状がさまざまであるため、大きく突出するような場合は治療した方が望ましいケースもあります。

 

 

イボの治療法

 

主な治療法には液体窒素レーザー治療によるものがあります。

 

 

液体窒素

 

液体窒素はマイナス約200度程度で焼いて瘡蓋にして除去する方法で安価ですが痛みを伴う場合があります。

 

 

レーザー

 

レーザーは比較的高価ですが、テープやクリームなどで麻酔の上行うため痛みが少なく、皮膚へのダメージも少ないです。
イボの種類や形状によって組み合わせて行われる場合もあるため、担当医と相談することがいいでしょう。

 

イボの予防
予防するためにはダメージを防ぐため擦れなどの刺激を避ける、また保湿と紫外線対策を万全にすることが大切ですので、顔と同様にケアすると良いでしょう。

 


イボができやすい条件

イボができやすい条件

 

  1. 加齢
  2. 紫外線
  3. 肥満体質
  4. 更年期

 

イボができやすい条件となるのが、加齢、紫外線、肥満体質、そして更年期です。

 

 

加齢によってイボができやすくなる理由

 

加齢によってイボができやすくなるのは、年齢と共に新陳代謝が衰え、若い間に紫外線等の影響によって体に蓄積されたメラニンがシミとなり、時間とともに盛り上がってきやすくなる為です。
更に、年齢と共に角質が厚くなる事によっても、イボができやすい状態に変わってきます。

 

 

紫外線はイボの敵

 

原因となる紫外線は、浴びてすぐにイボになる訳ではなく、メラニンという形で肌の内側に蓄積されていく事になります
更に光老化の原因にも繋がる為、若い頃からしっかりとした紫外線対策をしておく事がおすすめです。

 

 

肥満体質はイボができやすい

 

そして、注意をしておきたいのが肥満体質の人です。
肥満体質は生活習慣病の原因となるだけでなく、体の新陳代謝を落としやすく、それによってイボができやすい状態を作ってしまう事になります。

 

更年期もイボができやすい

 

そして、更年期にさしかかる事になると、女性ホルモンの分泌量が変わり、ホルモンバランスの乱れが起きやすい状態になってしまいます。
すると、その事によってイボができてしまう可能性があります。

 

 

それ以外にも、ウイルスによってできる等、イボができる原因というのは人によって様々で、悩まされたくないのであれば紫外線対策等のできる対策をしっかりとしておく事がおすすめです。